ダイエット遺伝子検査で痩せない理由が分かるか?

遺伝子検査の勧め

遺伝子
ダイエット遺伝子検査は唾液を採取するだけで簡単に遺伝子検査が行え、「肌質」「肥満」といった体質の遺伝的傾向や、「がん」や「生活習慣病」など将来の疾患発症リスクを知ることができます。

 

肥満は遺伝要因が3割、残り7割が生活習慣と言われています。

 

「遺伝子検査」では、食事と体のエネルギー代謝に関係する5種類の遺伝的な体質を検出します。

 

食事に関しては、高カロリーのものを摂取しているか、それを採り過ぎる傾向にあるかを判定します。

 

つぎに脂質の代謝が悪いかどうか、糖質の代謝が悪いかどうか、痩せ型かどうかをを知ることができます。

 

つまり、代謝の悪い項目の改善を図るダイエットを行うのが効果的なんです。

 

たとえば、脂質の代謝が悪い人が低脂質ダイエットする、糖質の代謝が悪い人が、低糖質ダイエットをするのが効果的なのです。

 

それを間違えると効率が悪くなります。

 

 

注意しないといけないのは、糖質の代謝がいい場合、タンパク質が体に溜まりにくいので、タンパク質の摂取量を控えてしまうと、筋肉量が減ってい行く可能性があります。

 

そうなると、見かけの体型を実現しても、将来必要な筋力が衰え、健康に支障が出る可能性があるので、間違ったダイエットは体を壊します。

 

将来の方向性を決めるためにも重要なんです。